■プロフィール

yusan

Author:yusan
建築金物、アルミサッシ販売の事業を通して、自分磨きと社会貢献を考えてきました。
生きるための仕事ではなく、生きていることが即仕事だと考えられるようになったのはつい最近のこと。
『人の喜び、わが喜びに』いつもいそいそと軽やかに明るく仕事をします。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
高松城址薪能
薪能
9月28日、高松城址薪能を鑑賞しました。
免疫学の大家でエッセイストの多田富雄氏の遺作エッセイ『残夢整理』
で、異色の能役者橋本久間を知り、にわかに能を見たいと思っていた矢先でした。
玉藻城公園の薪能は10年ぶりの開催であるとの事、また、橋本久間の父橋本久太郎が
高松市の出身であったと聞き、能への興味ははさらに強くなりそうです。
この日の演目は狂言『棒縛り』、と能『船弁慶』でした。同じ役者が静御前の「静」と平知盛の怨霊の「動」を「哀しみ」と「怒り」とに演じ分ける対比の妙。
数百年にわたって変わらぬ「舞」と「謡」を数々の名手が演じ、現代の能役者は常に伝説上の役者との比較の下に芸を継承し、練磨していく。そして、なぞらえるのではなく「ただ、ただ、真実」を追求していく。
スポンサーサイト


日常 | 10:15:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。